マイノート(EMI)の作り方は?1冊使った感想や中身も公開!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、まつりこです!

「マイノート」ってご存知ですか?

マイノートは整理収納アドバイザーEMIさん考案のノート術。

EMIさんいわく、マイノートは”自分の好きを集めた自分の雑誌”。

聞いただけでワクワクしてしまうのは私だけでしょうか?

 

私は3月末から始め、つい先ほど1冊書き終えました!

というわけで、今日はマイノート(EMI)の作り方・書き方や1冊使った感想、そして中身もチラ見せしていきたいと思います!

スポンサーリンク

マイノートの作り方・書き方

私は、”書くこと” ”メモすること”が大好きです。

手帳やノート数冊(ジャンルごとに)、iphone純正アプリのメモ、evernote・・・

と分けて情報をメモしていて、自分でも混乱するほどでした。

 

そんな時ネットで見かけたのがEMIさん考案の「マイノート」。

このマイノート、何を書いてもいいんです!

  • 好きなこと
  • 欲しいもの
  • いいなと思ったこと
  • 行きたい場所

など、全部書く。

そして、冒頭でも書いたように”自分の好きを集めた自分の雑誌”のようなイメージでノートを作っていく・・・そんなノート術です。

 

書き方は自由。

思ったことを書いたり、雑誌の切り抜きを貼ったり、美味しそう!と思ったレシピをメモしたり・・・と何でも書いてOKです!

1日1ページとかも決まってないので、ある日は3行、ある日は3ページ書いてもいい。

EMIさんいわく「その時書けた量がちょうどいい量」で、無理やりノートを埋めたりとかしなくていいとのこと。

自由度が高いですよね!

また基本ノート(EMIさんはB5サイズ以下を推奨。私はA4を使用)とペンさえあれば始められるのも魅力。

 

一つだけルールがあるとしたら・・・

その日に書くことが終わったら、次の日に行く前に区切り線を引いてわかりやすくするということ。

区切り線はフリーハンドでOKなのですが、これがあるだけで見やすさがかなりUPしますよ!

 

私はネットで調べて自己流でマイノートを作りましたが、もっと詳しく知りたい!という人は本を参考にするのもいいかもしれません。

 

ネットで見た情報では、EMIさんはノート1ページを縦半分に折って、左側に出来事、右側に感じたことを書いたりもしているようです。

こういう細かい部分は本に記載されているようなので、気になる人は読んでみてください!

スポンサーリンク

マイノートを1冊使ってみた感想!中身もチラ見せ!

マイノートを1冊使ってみた感想は・・・とにかく快適で、書いていて楽しいです!!

前述しましたが、私はジャンル別のノート(3冊)、手帳、iPhoneメモ帳、evernoteなど、紙にもデジタルでも情報をメモしていました。

さすがにこれだけメモする媒体があると、自分でどこに何をメモすべきか、そしてどこにメモしたかがわかりにくい。

マイノートは、1冊に何でも情報を書くことができるので、本当に楽です!

 

検索性に乏しいのは難点かなーとも思いましたが、私の場合デジタル媒体に入れたものは忘れてしまうことが多く、せっかく検索機能があっても検索しないことが多い。

そのため、意外とパラパラめくれるノートの方が見返すことが増えて、情報を活用できています!

あと、実際に手を動かして書くことで、気持ちが整理できたり、記憶に残ったりという効果もあるので、やはり手書きが好きだなーと感じているところです。

 

では、私のマイノートを一部公開します!

あまりにマニアックな内容が多すぎるので、一番当たり障りのない部分を載せました。笑

 

私は主に

  • ちょっとした日記
  • アファメーション
  • 今日やること(タスク)
  • ブログネタ

などを書いています。

他にも、本を読んだり、音声聞いた時の備忘録にしたり、子供の対応でこれは良かった悪かった、など本当に何でもかんでも書いています。

タスクをマイノートに書くようになったので、もしかして手帳いらないかも?と思っています。

予定は家族で共有できる「TimeTree」に入れてるし・・・

時間を可視化できるという点で、「ジブン手帳」のバーチカルタイプが好きで使っているのですが、私の場合予定(○時から××)よりもタスクの方が多いので、マイノートに今日やるタスクを書き出すので十分かなーと感じています!

 

ちなみにタスクは先週から、声に出しながら「できた!」と言いながらピンクのペンで消し、さらに横に「できた!」「잘 했어!(韓国語で「できた」)」などと書いています。笑

だって神メンタルの音声で、こうすると自己肯定感高まるって言ってたもーん。

やる気ない日は、「食洗機のお皿を片付ける」「洗濯を回す」レベルに分解してやることを書き出し、一つ一つ線で消していってます。笑

なぜか動けるようになるのでおすすめ!

 

他にも、ある日はコーネル式ノート術で問題解決してみたり、今冷蔵庫に入っている食材書き出して献立決めたりとか、本当に自由に使っています。

私は1冊使ってみて、ずっと続けたい!と思いました。

ちなみにEMIさんは16年間でなんと65冊になったとか!

すごい!

と思ったけど、私1冊1ヶ月持たなかったので、16年で続けたとすると192冊になる計算になるぞ・・・笑

マイノート置き場を作らなくては!

まとめ

今回はマイノート(EMI)の作り方と、私のマイノートの書き方や中身をご紹介しました!

いかがでしたか?

マイノートは”自分の好きを集めた自分の雑誌”。

何を書いてもいいし、どれだけの量書いてもいいしで自由度が高くおすすめです!

ノートとペンさえあればできるので、気になる人はぜひ、自分だけのマイノートを作ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まつりこLife Design , 2021 All Rights Reserved.