TOPIK(韓国語能力試験)4級のレベルや合格率は?勉強時間や方法も!

      2019/11/12

突然ですが、1年後の2020年にTOPIK(韓国語能力試験)4級に合格することを宣言します!

以前の勉強法に関する記事では、「韓国ドラマを字幕なしで見る」のがゴールで、試験受けるのはいいや〜と言ってたんですが、自分の性格的に期間を設ける方が向いてるなと思ったので受けることにしました。

私は2015年にTOPIK2級合格しましたが、ブランクがあります。

まずは敵を知らなければ!

今回はTOPIK(韓国語能力試験)4級のレベルや合格率、勉強時間や方法などを探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

TOPIK4級のレベルや合格率は?

まずTOPIK(韓国語能力試験)の仕組みを少し説明。

TOPIKはTOPIKⅠとTOPIKⅡの2つから受けたいレベルを選択し、取った点数によって級が決まります。

TOPIKⅠ

  • 1級 80点以上
  • 2級 140点以上

TOPIKⅡ

  • 3級 120点
  • 4級 150点
  • 5級 190点
  • 6級 230点

私は冒頭で書きましたが、2015年にTOPIKⅠを受験し174点を取ったため、2級ということになります。

(ブランクありますが、先月過去問を解き直してみたら点数同じくらいだったので今も同程度のレベルだと思います)

来年受験を予定しているのはTOPIKⅡ。

150点以上を目指して、4級に合格しようと思っています。

 

4級ってこんなレベルです。

・公共施設の利用や社会的関係の維持に必要な言語(ハングル )機能を遂行することができ、一般的な業務に必要な機能を実行できる。
・ニュースや新聞をある程度理解でき、一般業務に必要な言語(ハングル)が使用可能。
・よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに社会・文化的な内容の文章を理解でき、使用できる。

出典:https://www.kref.or.jp/examination/topik

 

おぉ〜!

「ニュースや新聞をある程度理解でき」とあるので、4級合格したらドラマもある程度聞き取れそうですよね!

とりあえず私のゴールは「ドラマを字幕なしで見ること」なので、4級合格で達成できるかも!?

4級合格したら、6級目指すか、英語の勉強に行くか決めたいと思います。

(最終目標は日本語・韓国語・英語のトリリンガル!)

 

ちなみに4級の合格率は60〜70%と言われています。

あれ、意外と高い?

ということは、ある程度の期間や時間をかけて、正しい勉強法でやれば合格できそうですよね!

希望が見えてきました!

スポンサーリンク

TOPIK4級に受かるまでの勉強期間や時間は?

TOPIK4級に受かるには、どのくらいの勉強期間や時間が必要なんでしょうか?

よく、ブログのタイトルとかで「2年で」「半年で」という期間の記述を見ますが、1日1時間しか勉強してない人と、10時間やってる人とでは全然違ってくると思うんですよね。

いや、以前なら「半年ぐらいか〜」と思ってたと思うんですが、堀江貴文さんの「英語の多動力」という本に『英語の習得には2,700時間かかる』という記述があったので、じゃあ韓国語は?と気になったんです。

(※多分2,700時間ぐらいだったと思いますが、違ったらごめんなさい。日本人は学校で1,000時間の英語教育しか受けてないから、残り1,700時間足りなくて自分で勉強する必要がある・・・という内容だったと思います)

 

調べてみると、韓国語がペラペラになるには1000時間かかるようです。

私が参考にしているトリリンガルのトミさんという方がYoutube動画でおっしゃってました。

動画は→こちら

で、1000時間の内訳は

  • 初級 200時間
  • 中級 300時間
  • 上級 400時間
  • スピーキング強化 100時間

だそうです。

私が今まで何時間勉強したかは覚えてませんが、TOPIK2級合格=初級が終わった、と考え200時間勉強したことにしましょう。

そして、目指す4級が中級終了程度だとすると、あと300時間の勉強が必要となります。

何度も言ってますが、一応私の目標は「韓国ドラマを字幕なしで見る」ことなので、あと300時間勉強したら見れるようになる・・・かもしれません!

 

今のレベルを確認したら、次に300時間をどれくらいの期間でやるか決めます。

私は

  • 1日1時間くらいは勉強できそう
  • 1年後ぐらいに4級受かりたいなぁ・・・

と漠然と思っていました。

2020年10月に試験を受けるとすると、ちょうど今から1年後=365日ぐらい。

1日1時間×365日=365時間

でちょうど達成できそうですね!

あと「●時間で習得」という考え方を知って、かなり目標が明確になりました!

私はこの方法でTOPIK4級合格を目指す!

私、TOPIK2級受験の頃、テキストめっちゃ買い過ぎてしまいました。

まだ初級だったのに、「中級突破」とかも買っちゃったもんね〜恥

 

今回は、今持っているテキストを使い倒す&TOPIKⅡの過去問だけ買い足そうと思います。

ちなみに、4級目指そうと思ったのは実は8月。

8〜10月までは初級レベルのテキスト4種類の復習→要点まとめ→断捨離をしてました。

(「テレビでハングル」のテキストが12冊あったので、実際は16冊)

 

手元に残ったテキストはこちら。

詳細は画像クリックすると確認できます!

↓初級の時に手を出して2回挫折・・・

でも、解説がすごくわかりやすい!

 

↓私が持ってるのは2015年バージョン。

これも早く手を出し過ぎて全く理解できず・・・

 

↓知る人ぞ知る4BD(ボールペンディクテーション)に憧れ、早めに手を出し過ぎて挫折・・・w

 

↓まだ手をつけてません。これは4級合格後でもいいかな〜

 

はい、ほとんどちょっと手をつけて挫折してるのばっかりです。笑

最近わかったのですが、原因は圧倒的に語彙力が足りないから。

これに関しては別記事にしたいと思いますが、やっぱ単語知らないと文章が理解できないし、聞き取ることもできない。

ということで、テキスト+中級単語約2,600語を1年間で、1日1時間ずつやっていきたいと思います!!

まとめ

今回はTOPIK4級の合格率やレベル、勉強時間などを調べました。

4級の目指すレベルはニュースや新聞が理解できる程度で、勉強には500時間程度必要なことがわかりました。

私の現在のレベルだとあと300時間の勉強が必要です。

これから、合格までの途中経過を記事にしていきたいと思っているので、興味のある人は覗いてみて下さいね〜!

スポンサーリンク

 - 韓国語勉強

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。